ヴェインテは、子育てや家庭の事でお困りの方が利用相談できる児童福祉施設です。

母子生活支援施設「ヴェインテ」について

イメージ写真満18歳未満の児童のいる母子家庭、準母子家庭などが対象で、DV被害や生活困窮の様々な事情で生活や養育にお困りの方が安心して生活できる場所(部屋)を提供するサービスです。
緊急一時避難保護の場合は、母親単身での保護や妊婦の保護も可能です。まずはご覧ください。ヴェインテってどんなとこ??

運営方針 皆さまの安心と安全のために

  • 心身ともに疲労し入所される子ども達やお母さん方にとって、
    安全で安心できる生活拠点であることを目指します。
  • 母と子、一人ひとりの意思を尊重し、
    思いやりの心をもって一人ひとりにあった良質の支援をします。
  • 多様な問題、課題の解決、精神的、経済的、社会的な自立への歩みを支援します。
  • 退所者のアフターケアはもとより、地域社会の子育てや、
    ひとり親家庭の支援に施設機能を活用した取り組みを目指します。

施設のくらしについて

イメージ写真お部屋はマンションのようにそれぞれの世帯ごとに独立しており(バス・トイレはお部屋にあり)、世帯の中で家事や育児を行うことができます。
また、母親はお仕事に、子ども達は学校や保育園に通っていただくことができます。

ヴェインテのご利用について

入所対象
満18歳未満の児童のいる母子家庭、準母子家庭、その他母子生活支援施設への入所が必要と認められる母子の方。
また、DV被害を受けておられる方や生活困窮、子育てでお困りの方など、様々な事情で生活や養育にお困りの方はご相談ください。
緊急一時避難保護の場合は、母親単身での保護や妊婦の保護も可能です。
施設利用費
居室の電気・水道など光熱費や、生活費につきましては実費にてご負担いただきます。
施設利用に関わる費用は、住民税や所得税の税額に応じて決まります。

ご支援内容

職員は24時間365日常駐しています。そして、日々利用者さんの仕事や育児、健康、家族関係、将来の生活設計など、さまざまなお悩みのご相談を承っております。
施設には、母子支援員と児童指導員が配置されており、母子支援員が、利用者さんに寄り添い、利用者さんが退所後地域での安定した生活が送れるよう利用者の方々と一緒に、自立への計画を作り支援しています。
また、児童指導員が、施設内学童保育で子ども達と共に過ごしながら、子ども達の自立のための支援を行っています。
その他にも、施設には心理専門員が週に1回来ており、必要に応じて心理専門員によるカウンセリングを受けることが出来ます。

イメージ写真

母子に対する支援内容

生活援助 家事や金銭面での援助
養育援助 育児支援、子育てアドバイス
環境調整 離婚・借金問題解決に向けての調整、母子関係の調整
就労・就学援助 情報提供、ハローワークの同行、学習支援など
心理的援助 こころの相談ルーム(カウンセリングルーム)、心療内科の紹介
乳幼児保育 補完保育、一時保育、病後児保育
レクリエーション 行事、リフレッシュ活動
アフターケア 居宅訪問、電話相談などいたします

イメージ写真

児童に対する支援内容

学童保育/学習支援
(小学生対象・契約制)
放課後、学習室で学習をしたり学童室で遊んだりします。
外出活動に出掛けることもあります。
グループ活動 週に1回の活動
間食指導 手作りのおやつを提供いたします。
学習会(中高生対象) 週に1回ボランティアによる学習会
個別支援活動 子ども達の状況に応じて、職員が個別に関わります。
心理的援助 こころの相談ルーム(カウンセリング/プレイセラピー)、心療内科の紹介
アフターケア 行事招待、悩み相談、学習支援

イメージ写真